トップページ > 特殊な歯列矯正治療:外科矯正治療> 歯科矯正相談室からの回答:6か月で治る外科矯正

歯科矯正相談室からの回答:6か月で治る外科矯正

“ 顎の骨を抜く”という言葉の意味がよくわかりませんが, 恐らくこれはオトガイ形成術(後述)のことを意味していると推測して回答に入ります.

 まず大切なことは, 診断に必要な資料(矯正用のレントゲンや口の型など)をとった上で, その矯正専門医の診断と治療方針を直接しっかりと聞き, 不明な点を納得するまで確認されることです.

 ここで述べられている治療方針は, 歯科矯正治療における通常の治療方針, ことに抜歯部位(下顎は非抜歯?)が通常のそれといささか趣を異にしています.

 正確なコメントをするためには,口の中を実際に見てからでなくては不見識ですが, この治療方針は, 純粋に歯科矯正的な立場でというより, 審美歯科的な見地からなされているように見受けられます. 常識的な成人矯正からすると「半年もあれば大丈夫」という期間はやはりかなり短く, 治療方針とその期間はあまり一般的ではありません.


 「オトガイ形成術について」

 この手術は純粋に審美的な意味で行われますので, この手術をすることで咬み合わせがより良くなる, というものではありません.

 美容整形的な捉え方をされた方が無難だと思いますが, その意味もあってこの手術には保険が適用されません. また, 手術に入院はないとのことですが, 私が普段, 外科矯正の手術を依頼している医科大学形成外科の先生は「入院が必要」といっています. 外来で手術することもあり得るでしょうが, もし手術を受ける場合には, あらかじめ担当外科医によく話を聞いてから臨まれることをお勧めします.

 「この矯正治療で本当に大丈夫か?」どうかについては明言できません. 最近の歯科矯正専門医は相談だけなら無料のところもありますので, できれば一度, 別の歯科矯正専門開業医の先生にセカンド・オピニオンを求めた方が, 安心して治療に臨めると思います.

 歯科矯正治療は基本的に一生に一度のことです. 十分納得してから始めても少しも遅くはありません.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:舌の大きさと空隙歯列

歯科矯正相談室への質問:6か月で治る外科矯正«