トップページ > 歯科矯正治療後リテーナーの期間> 歯科矯正相談室からの回答:リテーナーで転医

歯科矯正相談室からの回答:リテーナーで転医

 帰国は一時的でまた戻られるのでしょうか. それとも, これからは日本に滞在し, 歯科矯正医のもとでリテーナー中の矯正管理を頼みたい, ということでしょうか.

 それによって回答は変わるのですが, また海外に戻るのであれば資料は必要なく, 万が一壊れた時は, どこかの歯科矯正医院でリテーナーの再製を頼めば, 実費程度の費用で作ってくれるでしょう.

 しかし, 今後は日本で暮らして転院となると話は別で, 引き受けてくれる矯正歯科を探すところから始めなければなりません. その際, 歯科矯正に関する資料はすべてあることが望ましく, あると無いとでは患者さんのお口の中を見る情報量がまるで違います.

 資料は非英語圏の言語で問題はなく, 専門家はそれなりに読み解くものです.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:すき間のある歯並びの歯科矯正治療

歯科矯正相談室への質問:リテーナーで転医«