トップページ > 歯科矯正治療が必要な歯ならびの異常> 歯科矯正相談室からの回答:八重歯で口を切ってしまう

歯科矯正相談室からの回答:八重歯で口を切ってしまう

八重歯は典型的な不正咬合で, これぞ歯科矯正治療の適応症という見本のようなケースだと思われますが, 20歳の時の歯科検診の際に「虫歯もできていないし, 目立たないようだから特に矯正は必要ない」といったという歯科医師はいささか無責任, 不親切だったと思います.

 八重歯は, 犬歯という歯が外にはみ出た状態を表す通称ですが, この犬歯という歯はいわゆる“牙”ですから, 動物である人間にとっても重要な役割を担う大切な歯であることに変わりはなく, 咬合という観点から, 第一大臼歯(6歳臼歯)と共にその存在と位置のあり方は極めて重要, と歯科医学の中では認識が確立しています.
 つまり, 上下それぞれの顎の中で, 左右の犬歯, 第一大臼歯が家の四本柱のように本来あるべき位置にあること, そして, 上下の犬歯同士, 6歳臼歯同士が正しく咬み合うことが咬合機能上大切なことで, これが歯科矯正治療の目的である, とさえいえます.

 その意味で先の歯科医を無責任といったわけですが, 八重歯になって機能していない(咬み合っていない)犬歯に対し「矯正は必要ない」と“診断”したことは, 単に矯正歯科医への紹介や説明の面倒から逃げただけか, あるいは虫歯の治療には熱心だが咬合に無知な「木を見て森を見ない」歯科医師だともいえます.

 少なくとも歯科健診での相談なのですから, 歯科矯正専門医に相談することを勧めるぐらいの指示は, 歯科医師として当然の義務だと歯科矯正専門医としては思います.
 「口の中の傷って意外と痛くて気になるのでウンザリ」ということですから, 一時も早く歯科矯正専門医に相談されることをお勧めします.必ず良い解決策を見つけてくれます.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:顎が左に曲がっている

歯科矯正相談室への質問:八重歯で口を切ってしまう«