トップページ > 歯科矯正治療と虫歯治療> 歯科矯正相談室からの回答:ブリッジと歯科矯正治療

歯科矯正相談室からの回答:ブリッジと歯科矯正治療

具体的な不正咬合の状態は「下の前歯が先天的に2本欠損している」ということ以外わからないのですが, 「矯正治療を考えている」ということで あれば, ともかく, まずブリッジを入れてしまう前に矯正歯科医に相談されることを強く勧めます.

 ご承知かと思いますが, ブリッジ(取り外しの効かない義歯)とは, 抜いた歯の所に人工歯を入れるために, その両側の歯を削って橋桁(専門的に支台)にする方法ですから, 少なくとも抜歯した歯の両側の健全な歯2本を削らなければいけません.
 これは, 不可逆的処置(後に戻れない処置)ですから, 歯科矯正治療を考えているのであれば, 歯科矯正専門医の話を聞いてからでも遅くはありません. また, もし歯科矯正治療をすることになった場合, 矯正治療(歯牙移動)によってその抜歯スペースを閉じることでブリッジにしないで済む可能性もありますし, 逆にブリッジがされていた場合には, 矯正治療のために折角入れたブリッジを撤去する必要が生ずることも考えられます.
 虫歯もあるようですが, 歯科矯正治療をする可能性があるのであれば, まず歯科矯正専門医に相談し, そのうえで治すべき歯は治し(歯科矯正治療上)抜くべき歯は抜いてもらう, という包括的な見地からの治療方針を先行させるのが正当な手順だとお考え下さい.

 また,ヘッドギアにかなりの抵抗があるようですが, 10年経った今も(残念ながら)ヘッドギアは重要な矯正装置として活躍しています. ただ, 当時の矯正医がどのように説明されたか分かりませんが, 使用時間は夜の就寝中を中心に家にいる時を含めて一日10時間使えれば十分ですので, 外(人目に付くところ, 仕事中)に使用する必要はありませんので, それほど負担にはならないかと思います. それでも負担になる場合には,インプラントアンカーという方法を用いる事が可能です.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:八重歯で口を切ってしまう

歯科矯正相談室への質問:ブリッジと歯科矯正治療«