トップページ > 歯科矯正治療が必要な歯ならびの異常> 歯科矯正相談室からの回答:舌の大きさと空隙歯列

歯科矯正相談室からの回答:舌の大きさと空隙歯列

 すきっ歯は, 専門的には空隙歯列とか空隙歯弓といいます. 歯列に隙間ができる原因はいくつかありますが, すでに矯正医による検査と診断を受けておられ, 「舌が大きい」のが原因と説明されていますので, そうだとすると隙間は前歯だけでなく全体的にあるものと推測してお話しいたします. (隙間が前歯だけですと話は少し変わります. )

 空隙歯列は, 一般に「動かすのは簡単だがその後がむずかしい」, つまり後戻りをどう防ぐかが難しい不正咬合と認識されており, また,歯科矯正の治療方針が治療後の安定性に深く関わる不正咬合でもあります.

 舌が異常に大きい症例(巨舌症)に対し, かっては外科的に舌縮小術が施されていたことがあり, また現在でもされている所はあるようですが, この手術には往々にして後遺症の問題があって, 私自身は一例も経験しておりませんので, これには言及いたしません.
 
 診断を受けた歯科矯正医の治療方針が, どのようなものか分かりませんが, 基本的には舌房(ぜつぼう:舌を収容する空間, つまり口の中)をあまり狭くしないことが, 後戻りの危険を少なくするためには必要で, そのために, 前歯を後ろに動かすより奥歯を前に持ってきて歯間の隙間を閉じる, あるいは全体の隙間を左右のどこか一ヶ所に集め, そこに歯を左右一本づつ増やすように義歯(ブリッジ)あるいは隙間をうめる大きな詰物か被せ物を入れる, という方法がとられます.

 歯科矯正治療後, 動かした歯が元に戻らないように留めておくことを保定, その装置を保定装置(リテーナー), その期間を保定期間といいますが, 空隙歯列の場合は, この保定期間をより長く(つまり保定装置を通常よりもより長く)使ってもらったり, 保定装置を固定式(歯の裏側で取り外しが出来ないタイプ)のものにしたり, 半永久的に使用してもらうなど, ケースに応じて工夫します.

 空隙歯列の問題は, 動かすことより動かした後にありますので,もし歯科矯正治療に臨まれる場合は, 動かした後をどうするのか, 戻らないようにするために何を考えているか, また, 万一戻った場合の再治療について金銭的なことなどを含めて, きちんと矯正医と話し合い, ある種の約束(取り決め)を取り付けておかれた方が良いと思います.

 以上のことを踏まえたうえで,生活が落ち着かれたら矯正治療を受けられることをお勧めします.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:歯科矯正治療の値段

歯科矯正相談室への質問:舌の大きさと空隙歯列«