トップページ > 取り外しの出来る歯科矯正装置> 歯科矯正相談室からの回答:取り外しの出来る歯科矯正装置

歯科矯正相談室からの回答:取り外しの出来る歯科矯正装置

はじめまして.今高校1年生で, 5年前から取り外しのできる装置を使っていたということは, 10才か11才頃(小学校4,5年生の頃)から治療を始めていたことになりますが, 今になって固定式(取り外しのできないタイプ)に換えた理由は何でしょうか. 疑問は, 普通は12才頃に始めるものを, なぜ今ごろになって固定式の装置(つまり本格歯科矯正)を始めたのか, です.

 5年間使われたという装置は, 恐らくバイオネーターなどに代表される機能装置と呼ばれるものだと思いますが, これらの装置は本格歯科矯正に入る前の補助的な意味しかありませんので, この装置だけですべて治そうとするのは普通は無理なことです. 香奈さんの不正がどのようなものだったか分りませんが, 通常は, 大人の歯がすべて生え揃ったら(12才頃)直ちに本格歯科矯正(固定式装置)に入るもので,通常どおりの手順で
いけば, 治療はすでに終わっていた時期でしょう.

 先に書いたとおり, 装置の使い方や治療の時期あるいは方針に疑問がありま
すが, ともかく5年間補助的な治療を続けてきたのに, これで中止しては元も子もありません. 多感なこの年齢に固定式装置をつけ続けることは辛いでしょうが, 我慢するしかないと思います.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:6か月で治る外科矯正

歯科矯正相談室への質問:取り外しの出来る歯科矯正装置«