トップページ > 歯科矯正治療に伴う抜歯・非抜歯(歯を抜く?抜かない?)> 歯科矯正相談室からの回答:抜歯による歯科矯正治療を勧められた

歯科矯正相談室からの回答:抜歯による歯科矯正治療を勧められた

「歯並びが悪くなる原因を残したまま行なう歯科矯正治療の弊害」

 叢生という不正を非抜歯で治せば(治すことになるのかどうかわかりませんが), 狭い顎の中に無理に歯を並べて口は閉じにくくなるわ, 口元は飛び出すわ, 無理に拡げるために歯周病の危険は増すわ, 強引に拡大するので装置を外せば元に戻る危険は高いわ, など. 歯科矯正医としては想像するだに恐ろしことで, まともな歯科矯正医であれば, まず「お子様のケースは非抜歯では出来ない」とお断りするでしょう.

何よりも右下の先欠部分は, お母様は隙間を開けて入れ歯にしようとするのでしょうか. それともそこはそのままだとしたら, 上下の歯の数が合いませんのでまともな咬み合わせを作ることが出来ませんし, 正中のズレを改善する術はありませんから, これはそのままでいいということなのでしょうか.

ぜひ,問題の本質を見極め,根本的な改善を可能とする治療法を選択して下さい.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:取り外しの出来る歯科矯正装置

歯科矯正相談室からの回答1:抜歯による歯科矯正治療を勧められた«