トップページ > 歯科矯正治療と美容歯科(審美歯科)の違い> 歯科矯正相談室からの回答:特殊な歯科矯正治療(コルチコトミー)

歯科矯正相談室からの回答:特殊な歯科矯正治療(コルチコトミー)

コルチコトミー(corticalosteotomy)は経皮質骨骨切り術と訳され,歯を支えている歯槽骨を取り囲む堅い皮質骨だけを切り,歯に働く歯科矯正力に対する骨の抵抗を減弱させるために行う手術です.

適応症としては,上顎歯列の幅が狭く拡大する量が大きな症例,また上顎歯列の拡大量は小さくても成人で拡大が難しい症例があげられます.したがって,上顎歯列の幅を拡大しなければならない症例では,コルチコトミーを行うことにより,行わなかった場合に比べ治療期間が短くなることが考えられます.

 しかし私の勤務する大学では,近年コルチコトミーを併用した歯科矯正治療例はほとんどありません.これは,上顎歯列の幅が著しく狭い症例でコルチコトミーを用いた幅の拡大だけでは不十分で,後戻りが起きてしまう症例を多く経験したためです.このような症例では皮質骨だけでなく,その内部の上顎骨全体を分割し幅を広げなくてはならない場合が多いと考えられます.

 したがって上顎歯列の幅を拡大しなければならない症例では,コルチコトミーを併用することにより歯科矯正治療期間を短くすることが可能だと思います.ですが,適応症例はあまり多くなく,コルチコトミーを行うことですべての症例の治療期間が短くなるという万能の治療法であるわけではありません.

一方で上顎と下顎の幅に不調和を認めないにもかかわらず非抜歯で治療することに主眼を置き,コルチコトミーを用い上顎を拡大し治療している症例が多くなっているようです.

 このような症例ではコルチコトミーを行い非抜歯の歯科矯正治療を行なう必然性があったのかという点に関してははなはだ疑問です.歯科矯正治療の本来の目的は"患者さんそれぞれの口腔内環境に適した咬み合わせを創り安定させること"であって,非抜歯で治療することを目的としコルチコトミーを用いる強引に非抜歯に持って行く治療法は本末転倒と考えます.
 
 歯科矯正治療期間をできるだけ短くするには,きちんとした診査により現在の状況を正確に把握し治療に対する反応を予測し,その症例に最も適した治療方針を選択することです.その適した治療方針がコルチコトミーであれば治療期間は短くなるでしょう.

歯科矯正治療期間の短縮は,患者さんだけでなく歯科矯正医にとっても理想です.しかし歯科矯正治療とは"咬み合わせを治す"というよりむしろ,患者さんの口腔内環境に合わせ新しい"咬み合わせを創り出す"ものです.

2年から3年という長い時間をかけて咬み合わせを創り上げていくことで,患者さんそれぞれの口腔内環境に適応した咬み合わせを創ることができると考えています.

歯科矯正治療が満足の行くものになるためには衝撃的なコピーや斬新な治療方針に惑わされることなく歯科矯正医の考えをよくご理解されてから治療を開始されるのが良いと思います.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:歯科矯正医院の選び方,治療法の選び方

歯科矯正相談室への質問:特殊な歯科矯正治療(コルチコトミー)«