トップページ > 歯科矯正治療を開始する時期> 歯科矯正相談室への質問:小児歯科矯正治療と非抜歯への疑問

歯科矯正相談室への質問:小児歯科矯正治療と非抜歯への疑問

受け口のことで, 検索していたらこのサイトにたどりつきました.
3歳5ヶ月の娘のことでご相談いたします.

3月に3歳児検診があり, 受け口なので専門医に行くよう指導されました.
小児歯科矯正という看板のある歯科医にまず行きました.

そこで, 早く始めた方が直るのに時間がかからないといわれ, すぐにでも歯科矯正することをすすめられました.

乳歯を歯科矯正することで永久歯も誘導できるということで, 非抜歯の考え方をされていると説明をうけました.

もうひとつの歯科矯正では, 永久歯の前歯が下の方が出ていたらはじめようと言われました.
また, あごの小さい子だとの指摘もうけました.

夫は受け口ではなく, 下の歯が中に入り込んでいるような感じ(顎が小さめ), 私は乱杭歯でかみ合わせも左右に少しいがんでいるような感じ(あごも小さい)です.

私の場合, 小学校4年生ごろに歯科矯正をしたことがあるのですが, 治療後犬歯が上の方に生えてきてしまいました.

また, 歯科矯正もストレスに感じていましたので, 小さい子の歯科矯正ということで悩んでいます.

早期の治療は, 永久歯を誘因して, 器具をつける時間が短縮されるのでしょうか.
先生のご助言, よろしくお願いいたします.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室からの回答:小児歯科矯正治療と非抜歯への疑問

歯科矯正相談室からの回答:かみ合わせと発音の関係«