トップページ > 子ども(小児)の歯科矯正治療> 歯科矯正相談室からの回答:受け口の子どもに対する歯科矯正治療

歯科矯正相談室からの回答:受け口の子どもに対する歯科矯正治療

まず, 基本的に不正咬合のほとんどは遺伝的なもので, 顎が大きい小さい, 歯が大き小さいいなど, 生まれつき持つ素材が不調和であれば不正咬合になります. その意味で, 不正咬合の予防はかなり限界があるとご理解ください.

早期の歯科矯正治療がすべてを解決するかのように説く小児(あるいは歯科矯正)歯科医が一部にいますが, 患者さんに不安感を煽り, また過大の期待を抱かせてしまったり, いたずらに治療期間を長くすることに歯科矯正医の多くが異を唱えています.

 私の尊敬する偉大な歯科矯正医の言葉に「注意深い観察下に放置せよ」というのがありますが, 歯科矯正治療とは, 大人の歯がすべて出そろって, それをきちんと咬み合わせるところまで管理しなければいけませんので, 治療期間を長引かせないためにも実際の治療にはあまり早くから入らないものです.

 「いつから治療すればいいか?」

 1歳半健診や3歳児健診の際に問われる歯科矯正相談のうち, もっとも多い質問の一つですが, 健診では「上の大人の前歯が出てきて, 親の目から明らかに不正と思えたら見せに来てください」といっています. 年齢でいえば6〜8才でしょうか. ただ, 色々なケースがありますので, すぐ治療には入りませんが4,5歳ぐらいでも個々に生活上の注意(癖や食べ物, 歯磨きなど)について指導しながら, 年に1, 2度程度の定期的な経過観察をするケースもあります.

 「上の歯と下の歯が完全に噛みあわない受け口」という表現に回答も少し慎重になりますが, それでも口蓋裂などの異常でもなければ, 歯科矯正医に見せるのは乳歯列が完成する2歳半以降で十分です. その際, 歯科矯正医の選択だけは慎重になさってください.

 乳歯列が完成する前のこの時期の咬み合わせは不安定で, 習慣的に下あごを前に出すこともしばしば見られることです.ご心配を察してあまりあるものがありますが, 今はあまり焦らず虫歯の予防と正しい食習慣に気をつけ, お子様の健康な心の発達の方に配慮されることで良いかと思います. いづれにしてもお嬢様の歯科矯正治療はまだ先の話ですから, 将来に備えて, 正しい歯科矯正治療の知識や情報を得ておくことはよいことだと思います. 情報源としてこのサイトがお役に立てば幸いです.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:かみ合わせと発音の関係

歯科矯正相談室への質問:受け口の子どもに対する歯科矯正治療«