トップページ > 歯科矯正治療とインプラント> 歯科矯正相談室からの回答:八重歯を抜いてインプラント

歯科矯正相談室からの回答:八重歯を抜いてインプラント

「乳歯だけしか抜歯せず, 治療する方法はないか?」というご質問にお答えする前に, 八重歯と犬歯について, 歯科矯正学的立場からまずお話しておきます.

 八重歯は, 犬歯という歯が外にハミ出た状態を表す通称ですが, この犬歯という歯はいわゆる牙ですから, 動物である人間にとっても重要な歯であることに変りありません. 犬歯は, 咬合という観点から, 第一大臼歯(6歳臼歯)と共にその存在と位置のあり方が極めて重要, という認識が歯科医学の中で確立しています.

 具体的にいうと, 左右の犬歯, 第一大臼歯は家の四本柱のようなもので, その4本の歯が, 上下それぞれの顎の中で本来あるべき位置にあること, そして, 上下の犬歯同士, 上下の第一大臼歯同士が正しく咬み合うことが咬合機能上極めて大切です. 歯科矯正治療の目的はここにあるとさえいえます. 犬歯とはそれほど重要な歯ですから, この歯を抜くことは極めて稀で, 必要上抜歯する際は十分な説明責任と患者側の了解(インフォームドコンセント)が必要です.

 さて,「健康な犬歯を抜くのには抵抗がある」「インプラントを入れるのは無駄」というご意見に反対の余地はまったくないように思います. そもそもその歯科医は, 歯科矯正治療での改善を勧めたことはないのでしょうか. その先生は頑迷な歯科矯正治療否定論者か単なる不勉強か, いずれにしても歯科矯正治療の可能性について言及していないとすれば, それは無責任としか言い様がありません.

 いずれの治療方針をとるにせよ,口の型などをとって詳しく分析してみなければ軽々に申し上げることは出来ませんが, 少なくともインプラントは人工歯根を顎骨に埋め込む方法ですから, 義歯(ブリッジなどを含めた入れ歯)という概念ではなく外科手術であると考えるのが妥当です.

 インプラントは, 埋め込む人工歯根の数に限らず費用もかなりの高額であること(保険不適用), 術後のケアがむずかしく成功か失敗は期間が経たなくては分かりにくいのですが, 失敗の場合は取り出すための手術がまた必要になることなど, 術前に考慮すべき点の多い治療法です. もちろん適応症例には大変優れた治療法ですが, さおりさんへのインプラント適用は, 歯科矯正専門医の「歯科矯正治療では絶対治せない」という診断があってから考える終局の選択肢だと思います.

 また, ブリッジはその名の通り「橋」ですから, 抜いたスペースに人工歯を入れるために両側の歯を削って橋脚(専門的には支台)にしなければなりません. このような不可逆的処置(元に戻せない処置)を選択する場合は十分納得してからでないと後悔することになります.

 インプラントにせよブリッジにせよ, どんなに最高の材質, 技術をもってしても自分の歯には到底及びません. そして, 人工のものはいずれ劣化し再製がいつか必要になりますが, 自分の歯は, 手入れを怠らなければ増齢的変化に適合しながら一生使うことが出来ます.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:歯科矯正治療の期間

歯科矯正相談室への質問:八重歯を抜いてインプラント«