トップページ > 歯科矯正治療にかかる費用・値段> 歯科矯正相談室からの回答:歯科矯正治療の費用・値段の違い

歯科矯正相談室からの回答:歯科矯正治療の費用・値段の違い

歯科矯正治療の値段つまり歯科矯正の費用(治療費)については, 患者さんが最も知りたい点でありながら, 回答者側には最も答えの難しい質問なのです.

 そもそも医療にかかる費用というのは, 弁護士費用と同じように, 奉仕作業(サ−ビス service)に対する報酬(リワ−ド reward)という概念, つまり「医療サ−ビスに対する診療報酬」という考えから成り立っているもので, お店で商品を買う値段(プライス price)とは本質的に異なるものです.

 我が国では, 健康保険の導入によって医療サ−ビスが点数化されたため, 患者さん側には医療費用が分かり易くなりましたが, 本来, 画一化できない医療サ−ビスを一律にした所に健康保険制度の問題点があります. その保険制度に歯科矯正治療が組み込まれていないこと, これを自費といいますが, これが患者さん側に治療費を解り難くしています. 自費とは, つまり先生によって費用がすべて異なるということです.

 歯科矯正治療は, 特殊なケース(口蓋裂, 外科手術を伴う顎変形症)以外は健康保険が適用にならない(いわゆる自費診療)ため, 地域や医院によって治療費の額はマチマチで, かなり差があるのは事実です. それはある面, 土地の値段に似た傾向があって, 都心部(中心部)に行くほど高くなるといえます.

また, 治療の内容(難易度, 期間など)によっても費用は異なります. それでも(これはまったくの私見ですが)どのようなケースであるにせよ, 今の時代, 歯科矯正治療に関わるすべてを含めた総額が150万円を越えるのは高い, と考えます.

 申し上げるまでもなく, 歯科矯正治療方針は個々のケースに応じて多種多様です. 例えば, 症例は多くありませんが1本の曲がった歯を部分的に数カ月で治したり, 治療方針を2段階に分け, まず前準備的に治療(1期治療)を行い永久歯列になってから本格的な治療(2期治療)を行ったり, その1期治療だけで済んでしまったり, あるいは永久歯列まで待って直接本格歯科矯正に入ったり, 抜歯ケースだったり非抜歯ケースだったりと方針は様々で, それによって治療費もそれぞれに異なります.

 ただ, 歯科矯正治療を希望される方には, 基本的にどのようなケースでもすべて本格歯科矯正をしなければ終わらない, という認識をもっておいていただきたい, というのが術者側の気持ちです.

 問題は支払い方法ですが, 歯科矯正専門医院のおそらく半分程度は総額制をとっています. これは, 初めに治療費の総額が決められ, あとは治療にそって, 終わるまでにどう分割して支払うかは相談で決めるもので, 治療が長引いても何度通っても, 基本的に変わらないというものです. この総額制のシステムに生じやすい問題は, 歯科矯正治療が終っても残金がある場合で, 催促に応じなかったり来院しなくなってしまうなど, 患者側の倫理感の欠如に起因するトラブルです.

 一方, 医院によっては一般歯科治療のように, 最初にいくらかのまとまった金額プラス通院ごとの支払い(たとえば来院ごとに1万円など)や, カウンセリング毎や何か細々と別料金を徴収したりするところもあります. 一般に大学病院の歯科矯正科はこのようなシステムです.

 すでにお分かりになったかと思いますが, 「関西や京都での歯科矯正の値段」というご質問にお答えできる歯科矯正医は多分誰もいません. 北海道でも東京でも関西でも九州でも, あくまでも“その医院”の料金システム次第で, 結局, 治療がすべて終りそれまでに支払った費用の純粋な総額を比較しない限り, 高額だったのか安く済んだのかは分かりません.

 歯科矯正治療の費用とは, つまるところ患者さんが十分満足し納得する治療結果を得ることができたかどうか, 費用と医療の質に妥当性があったかどうかが重要です. 治療費が安くても治療結果が思わしくなかったり, 転医して再治療が必要になるようでは「安物買いの銭失い」では済まない悔恨を残します. その意味で, 少なくとも歯科医院(歯科医)の選択に失敗しないためには, まず歯科矯正治療は歯科矯正専門医院でされることです.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:子どもの歯科矯正治療

歯科矯正相談室への質問:歯科矯正治療の費用・値段の違い«