トップページ > 歯科矯正治療に伴う抜歯・非抜歯(歯を抜く?抜かない?)> 歯科矯正相談室からの回答:抜歯の必要性

歯科矯正相談室からの回答:抜歯の必要性

「今,上の犬歯がすごく上の方から生えてきて」という状態は, 一般に八重歯(やえば)と呼ばれる不正咬合(悪い歯ならび, 咬み合わせ)ですが, ではなぜ八重歯になるかというと, 歯が大き過ぎたり顎が小さ過ぎて, 顎の中にすべての歯が納(おさ)まり切らないために起こります.

 八重歯が上顎によく見られるのは, 上顎では犬歯の生える順序が最後であるため, しわ寄せが犬歯に来て, 外にはみ出すためです. 歯の大きさは, 前歯が大きければ奥歯も,上の歯が大きければ下の歯も大きくなりますので, 通常, 八重歯の人は下の歯並びもどこかがデコボコになっているものです.

 八重歯のある歯並びの治療は, 理屈の上からいえば, 1本1本の歯を小さくするとか, 顎を広げて大きくするということが考えられますが, 現実的にはできないことですので, 歯科矯正治療では「歯の数を減らして(抜歯), 顎の大きさに合った歯の数にする」方法がとられるわけです. 歯の数は減りますが, 顎に合った数になるわけですから“足りなくなる”などと心配することはありません.

 抜歯する歯はレントゲンなどを分析したうえで決められますが, 通常は上下左右の第一小臼歯という歯を抜歯します. つまり抜歯は4本必要になるわけですが, これは歯の並びは上下, 左右対称で歯の数は同じですから, 上下左右から1本づつ抜かないと対称性が崩れて咬み合せがおかしくなってしまうからです.
 
 「いま第1小臼歯を抜いておくと, 抜いたところに犬歯がおさまってくれるっていう事はありますか?」という質問ですが, 歯科矯正装置を入れずに第一小臼歯を抜いたままで, 犬歯が自然にそこに納まるのをただ待つのは危険です.

 これは連続抜歯法という方法で確かに認められた治療法ですが, 実際にその方法を使えるケースは極めて少なく, ほとんどは歯科矯正装置を使って歯を動かさなければキチンと並びません. 現在も行なっている歯科医院はごく少数と思われます.

 歯並びは歯科矯正治療を必要とする典型的なケースであり, また治療をする時期としても最適な年齢ですので, ご両親とよく相談し, 正式な歯科矯正治療を受けられることを是非お勧めします. その際, 抜歯が必要であることを十分理解し, ちゃんとした治療を受けるためにも必ず歯科矯正専門の医院に行くことが大事です.


虫歯と歯周病の予防グッズなら・・・

«歯科矯正相談室への質問:歯科矯正治療の期間

歯科矯正相談室への質問:抜歯の必要性«